The Cove

文字サイズ:

The Coveに関する国内報道を考える』

米国アカデミー賞のドキュメンタリー部門の受賞作であるザ・コーブが日本国内ではかなりの話題になりつつある。
この映画は和歌山県太地町のイルカの追い込み漁を題材としたものであるがその残酷さを告発する作品であると多くの人々が語っている。
昨年インディーズの登竜門であるやはり米国のサンダンス・フィルム・フェスティバルの観客賞を受賞してからこの映画は様々な地域で様々な形で評価/批評され続けてきたのである。
しかしどこを見ても誰の話を聞いてもこの映画の本当に伝えるべきメッセージに着目して発言している者がいないと感じているのは私だけであろうか。
米国で初めてこの映画が上映されてから我が国においてもいくつもの記事が全国紙に掲載されている。
どれをみても「伝統」、「食文化」等々の言葉が羅列されており実際に実施されている行為、つまり漁の手段、方法などについての詳しい記述はない。
おそらくこのような記事を書いている記者自身が現場を見たことがないと推測される。
にもかかわらず大半の記事が正当な日本国民の文化に対する「ジャパン・バッシング」が行われているという主張を繰り返しているように思えるのである。
事実にもとずくことなく悪者扱いされることはだれしも気持ちの良いものではなく怒りを感じることも当然である。
しかしその肝心の事実がどのようなものであるかの確認は少なくともメディア関係者には調べる義務があるのでなかろうか。
アカデミー賞の授賞式直後のワイドショー的メディアの騒ぎ方には尋常ではないものを感じるのみならず愚かさを感じざるを得なかった。
好むと好まざると我が国のオピニオン・リーダーとなってしまっている各種「業界人」やコメンテーターのこの映画に対する意見に文化的文盲(cultural illiteracy)の深さと深刻さを感じたのは私だけではないはずである。
メディアを通して彼らのコメントが公共の電波に乗り一般市民に届き大衆の意見に影響を与えていくのかと思うと背筋が寒くなる思いである。
ではこの映画の「問題点」として指摘されている事柄を検証してみるといったいどのような問題が明らかになっていくのであろう。

  • イルカ肉とクジラ肉を食すこと

監督のシホョス氏が最も重視しているのは水銀汚染の実態である。
これに関してはすでに国内でも研究者らが調査を行っており数値などが明らかにされている。
イルカの肉を食している太地町内においても学校給食におけるその肉の活用に反対する町会議員が声をあげているという事実もある。
地元でこのような声を上げるには相当な覚悟と勇気がいったであろう。
むろんこのこともあまり日本国内のメディアは取り上げていない。
海洋資源の水銀汚染は深刻な地球規模の問題であり、マグロ好きのシホョス監督自身が自分の毛髪の水銀値も一般の人よりは高いと発言している。
ザ・コーブはその一端をとらえて特に水銀の含有量が高い食資源は食べなければならぬのでなければ食べないほうがよいのでは、という意見を述べているのである。
これは特定の食文化の批判ではなく地球規模の問題提起である。
映画の中ではクジラ肉と偽ってイルカ肉が販売されている実態もあることが明らかにされている。
これはいわば不当表示の問題であり日本の消費者問題でもある。
しかしあるワイドショーのコメンテーターは映画の中で日本人は「嘘をついて世界に販売しているといわれている。。」というような言葉を発している。
そのコメント自体嘘である。
映画の中では日本のスーパーなどでクジラという表示のものを購入し調べているシーンが出てくるが制作スタッフが世界各国の店に足を運んでいるわけでもなく映画の中ではそのような発言もない。
さらには制作者たちはホテルの一室で「怪しいDNA鑑定」をしてそのような勝手な結論を述べているという発言もある番組のコメンテーターからあったが映画の中でそれを実施している専門家の背景調査をやっての発言であろうか。
少なくとも映画の中ではどのような人材がどのような役割を果たしたかは明らかにされている。
つまりそれぞれの専門家は自分の領域に関しては責任ある発言を顔を出してしているわけでありそれを疑問に思うのであればそれなりの根拠がなければならないことは大人として、社会人としてそして責任あるメディアとして当たり前のことではなかろうか。
むしろそれを疑うのであれば独自の調査をしてほしいものである。

  • 批判される食文化

もう一つ何度も日本のメディアで取り上げられている問題は異文化の批判に対する疑問や怒りであるがこれは特に捕鯨に関しても繰り返し言われていることである。
食文化を他の国の人間にとやかく言われるのは不愉快である、また日本特有の文化を理解してほしいと関係者は何年もの間公言してきたのであるがそれにははたして国民のバックアップがどれだけあるのであろうか。
少なくとも現代の日本国民の大半はクジラ肉、イルカ肉を日常的に食してはいない。
あすから食卓にそれが上らぬようになるといわれても実はピンとこない人間のほうが多いのである。
しかし今や日本国民は自分が食べていないものを食べていると世界中に攻められ罵倒されているのである。
このような実態を一般の市民は果たして本当に知っているのであろうか。
実はこれは日本国民自身が自分たちの間で議論をいしなければならぬことではなかろうか。
そしてそのためには世界の考え方の流れを忠実に国内に伝えそれに対して国民が自分自身で考えるという土壌を作っていくことがジャーナリズムの果たすべき役割ではなかろうか。
確かにシーシェパードのような過激な行為は容認できるものではない。
しかしそのような行為に走っているのはごく一部の過激なアニマル・ライツの集団であり世界的に見ても彼らの行動を称賛している人々はそれほど多いわけでもない。
しかし日本国内の報道はことさらこのような集団の事件ばかり取り上げ日本の捕鯨がいかにクレージーな攻められ方をしているかを強調し国民に冷静な判断を求めるような情報提供、事実の提供をしていないのである。
むろん事実を知ろうとする意欲が国民にかけているのかもしれぬがそれを刺激するのもメディアの役割の一つであろう。

文化論に関してはもう一つ考えねばならぬことがある。
それは文化は果たして変えてはならぬものであるか否かという議論である。
もし今までの歴史の中で人間が作り上げてきた文化や宗教、風習を変えてはならぬものとするのであれば新宿副都心の高層ビル群の地下には無数の人柱が埋まっているはずである。
ローマのコロセオでは今もなおグラディエーターの殺し合い、奴隷に野生獣をけしかける見世物等々が行われているはずである。
吉原は今でも多くの文化的事柄を生み出した偉大な場所として持て早されているはずである。。。。
そう、文化は人間の意識やモラルの変化とともに変わっていくものなのである。
歴史を振り返ってみればその証拠はふんだんにある。
象牙の国際商取引が問題になった時期に邦楽にとって三味線のばちをはじめとして極めて重要な様々な道具の原材料がなくなるのではないかという意見が国内で発されていた。
この邦楽の将来に対する危機的な状況を危惧するべしという路線をとったある報道番組のレポーターが著名な邦楽家でもある三味線の師匠を訪ね合成材料で作られたばちで試し弾きを依頼した。
番組ではさらに師匠に象牙のばちも合わせて使用してもらいどちらがよいかをたずねた。
視聴者には明らかに象牙がよい、なくなるのは遺憾であるという発言が期待されているのであろうことがリポーターの言葉尻から伝わってきた。
しかし三味線の達人であるこの御人はこう答えたのである。
「邦楽が常世の昔から象牙の音楽であったわけではありません。木製の道具を使っていた邦楽が大陸から象牙がもたらされたときに象牙の音色に変わっていったのです。象牙が手に入らなくなるのであれば今度はポリマーとやらの音色に変わっていくのかもしれませんな。。。」
そして彼は朗らかに笑ったのである。
見事な切り返しであるがこれこそが人間の文化の本質である。
真髄である。
昔からやっているのだから、という議論がはたしてどこまで通用するのであろう。
真の文化人であった三味線の名手にはこれが当たり前のこととして理解できていたのである。
むろん良い習慣、風習を軽視しているわけではないが文化であるからかえることはできぬ、かえてはならぬという主張も考えなおさなければならぬのではなかろうか。
そしてこの文化をなぜ変えなければならないかを考えるにあたって浮上するのがザ・コーブに対して批判的なコメントをしている日本メディアの発言にみるもう一つの間違いである。

  • 牛、豚、そしてイルカ

イルカを食べるなというのであれば牛や豚はどうであろうか。
西洋ではそれらを食べているにも関わらずイルカはだめだということがおかしい、というコメントは何人ものコメンテーターから聞いた言葉である。
ここにも彼らの文化的文盲が露見しているのである。
今世界の動きの中で注目されている事柄の中には農業動物の福祉がある。
とりわけ欧州ではそのような動きが続々と法制化されている。
販売される動物由来食品に関してその原材料となる動物自体の育成方法を明記することが非関税障壁になるか否かという議論は長くWTOをも悩ませてきた。
例をあげれば採卵鶏(卵を産ませるために飼育されている鶏)の飼育方法の一つであり長きにわたり効率のよい安価な方法であるとされてきたバタリー・ケージ・システムに関する議論であるで。
この飼育方法では鶏がその一生を拘束衣といっても決して過言ではないような狭い箱型の空間に閉じこめられることから近年では非人道的な動物の扱い方であるとされつつある。
EUではそのような鶏肉や卵の生産方法が2012年には禁止されることとなっている。
当然同地域に卵を輸出している国々もそのあおりを受けるであろう。
このような流れの中では人道的なと殺方法に関する議論も様々な場で繰り広げられているのである。
この世界的な動きの中ではたとえ食べてしまうものでも命がいたずらに苦しめられぬよう配慮することは人間として忘れてはならぬことであるという考え方が徐々に浸透してきている。
サッカーのワールドカップが日韓合同で開催されたときに欧米で韓国の犬食い文化が批判された。
もちろん犬がかわいそうであるという声も多数あったのではあるがメディアではそればかりが大きく取り上げられていたようである。
実は犬を食べること自体に反対しているわけではないという人々もたくさんいたのである。
それでもこのような人々が犬食反対の声を上げたのは食用の犬の扱いに対する抗議をしたかったからなのである。
この時もメディアは全くその点を無視した報道をしていた。
いくら食べられてしまうとはいえワイヤー・ケージにジャガイモのごとく詰め込まれ、時には撲殺されるといった扱いは決して生き物に対してやってよいことではない。
犬に対してであろうと豚に対してであろうとこのような非人道的な扱いは人間としてやってよいことではない。
これは幼い子供にでもわかることであろう。
犬がかわいそうなのではない、生き物が、痛みを感じることができる生命体が極めて「痛い思い」を文字どおりしているのである。
このように簡単なことがなぜ犬食い文化を批判する報道をする者に見えぬのか、それは本当に不思議なことであるとしか言いようがない。
そしてイルカに話を戻せば牛も豚も鶏も、そしてイルカも食べるのであれば人道的なと殺をするべきであろうということになるのである。
映画の画面いっぱいに広がると殺シーンはどう見ても人道的ではない。
ゆえに牛と同じではないのである。
牛を食べるやつらに批判する権利はないという意見は全くと言ってよいほど的外れなのである。
またクジラに話を広げれば自然の資源うんぬんよりもはたしてクジラという巨大獣を一瞬のうちに痛みや苦しみ、恐怖を感じさせずにと殺することは可能なのであろうかという議論をすることが妥当なのである。
もしそれが不可能であるとすれば彼らを殺すことを今後続けて行くかどうかそろそろ人間は自分の胸に手を当てて考えなければならぬという文化、倫理的レベルに到達しているのではなかろうか。
そしてさらにはその様な漁が人道的かそうでないかに関しては国民が考えるべきことであり当事者、つまり利害関係がある者の仲間内のみで考えるべきことではない。
そのためには国民の有する情報基盤の整備が必要でありそれこそがメディアの役割である。
やはり一度日本国内のメディアが太地町のイルカ漁の取材をするべきである。
もしその時に取材の申し入れを拒否されたというのであればそれを正直に自国民に報道してほしいものである。
太地町の当事者たちの言い分を載せるのであればそれをジャーナリストたちは自分の目で検証してからそうするべきではなかろうか。

最後にあるワイドショーの有名なコメンテーターがこの映画は日本人に対する欧米の人種差別の証であるという発言をしている。
あまりに情けないコメントではないか。
東京国際映画祭での上映の際にあるオーストラリア人の女性がシホョス監督に質問をした。
オーストラリアは捕鯨や今回のイルカ漁などに非常に批判的な国家である。
何か日本を非難するような発言が出るのかと思いきやその女性の発言は決してジャパン・バッシング的なものではなかった。
「とてもためになる作品を提供していただき感謝します。私の国でもカンガルーが害獣扱いで極めてひどい駆除のしかたが横行しています。今度はぜひオーストラリアにも映画を撮りに来てくださいませんか。」
彼女はそういったのである。
より広いものの見方、周辺視野を広げた視点を持っていればこその発言である。
人種差別発言の日本人コメンテーターのレベルの低さが情けないと思っているのは私だけであろうか。
スペインでは闘牛という文化は牛を惨殺する野蛮な娯楽でしかない、それゆえにもう廃止するべきであるという大きな運動が国中で展開されている。
もちろん擁護派もたくさんいるわけであり意見のぶつかり合いがあることは否定できない。
それ自体はべつにわるいことでもなくむしろ健全なことであろう。
日本においては健全な議論さえ持ち上がらぬのが現状である。
このような世界の流れの中で自分たちだけがいじめられている、日本文化を理解できぬ困った奴らが海外にいる等々と吠えていても何の解決にもならぬどころか国民をさらなる混乱に陥れたり、自信を喪失させたり、自らを卑下するような状況に押し込めてしまったりすることにもなりかねぬのである。

  • 人間社会におけるイルカの扱い

そしてもう一つ驚くべきことがあった。
メディアに登場する方々はここまで無知なのであるかと我が耳を疑うようなことが起こったのである。
問題の太地町で追い込まれたイルカがすべて殺されるわけではない、イルカ・ショーなどに送り込まれるものもある、という「言い訳」のようなコメントをしている司会者がいたのである。
ここでも再び文化的文盲が露見してしまった。
映画は米国をはじめとして多くの国々で設置されている海洋生物の展示施設(水族館)がいかに海洋生物の福祉を侵害してきたか、という点も取り上げている。
映画の主役の一人であるオバリー氏はかの有名なフリッパーのもとトレーナーである。
イルカの展示、その人気、そしてそれに続く搾取の火付け役でもある彼はその業界のあまりの無軌道な現状に背を向け自分が築き上げた産業を今や自分の手で破壊しようとしている。
オバリー氏自身は米国内においても数々の違法行為で検挙されながら抗議活動を展開させてきたいわば札付きの過激派であり決して全面的に支援しやすい人物ではない。
しかし彼のたどってきた道、彼の人間としての懺悔の日々、自分が死なせてしまったイルカに対する自責の念、そのようなストーリーにはどのメディアも一切触れてはいない。
フリッパーを夢中でみた世代は今世界中で数々の責任ある社会的地位に身を置いているはずである。
その彼らにオバリー氏のストーリーが理解できぬはずはない。
むしろ自分が喜んでみていたものの本質を突きつけられれば真剣になってその是非を考えるであろう。
なぜその全容がしっかりと報道されないのであろう。
今や動物園水族館業界でも前述した食用動物を取り巻く状況と同じような動きが活発化している。
展示するのであれば個体の福祉が守られなければならぬという改革の動きがあるのである。
自然を理解し勉強できる場を子供たちに提供するための施設を、というのであればストレスで毛が抜けている動物や自然な動きが病的な常同行動に変わってしまっている動物を見せても仕方がないということは当然のことであろう。
今や世界中で動物園も変化を求められている。
この事実も世界の流れの中の常識の一つである。
そしてこの動物園改革運動のシンボルともされている動物種が四種類ある。
象、大型霊長類、熊、そして海洋哺乳類である。
これらの動物は行動学的にも人工飼育が極めて困難であると学識経験者も述べている。
彼らの福祉を守り教育に役立つような「自然」な展示をすることは至難の業であるということなのである。
すでに欧米の著名な動物園の中にはゾウの展示を一代限りと公言しているところもある。
つまり今展示している個体が死んだ場合次の個体は入れないということなのである。
最近おこったシャチがトレーナーを殺してしまった事故も決してこのような福祉関連の問題と無関係ではない。
自然の中では人間を襲った事例がほとんどないシャチがなぜ自分の管理者を襲ったのであろう。
周囲の人間は本当にあのシャチの状態を十分に把握できていたのであろうか、福祉が侵害されたことからストレスがかかっていたのではなかろうか、そしてもしシャチの状態を徹底して把握し続けることが困難なのであれば今後も飼育し続けることは本当にやってもよいことなのであろうか。
イルカとの遊泳をプールなどで行っている展示施設もあるが同じような疑問が出てくる。
このような娯楽の中で発生した事故の報告を義務付けている米国においては10年間で十数件の報告例がある。
すべてイルカが人間にぶつかり打撲、骨折などが生じた事例である。
はたしてこれらの事故が彼らのイライラからくるものであるか否かは意見の相違があろうかとも思うが何かがおかしいことは確かである。
また展示施設のイルカなどはしばしば餌の中に胃腸薬など添加されてあたえられている。
ストレスで消化器官をやられてしまうからである。
前述の司会者のコメントに戻るが、殺されぬイルカもいるのである、だから少しは救われるのでは、という議論は全くと言っていいほど的外れなのである。
今や動物園改革の先端を行く考え方は海洋哺乳類の展示そのものを疑問視しているのである。
救われるどころかさらなる問題の種がまかれているといっても決して過言ではない。

  • ザ・コーヴの意味

このように様々な角度から検証してみるとザ・コーブという映画がどのような問題提起をしてくれているかが見えてくる。
そこには太地町という地域を攻撃しようという狭い意図は感じられないのである。
むしろ文化、風習に囚われている人間がいかに滑稽な存在に見えてくるものであるかを物語った映画なのではなかろうか。
また人間がいかに意地や執着で生きている生物であるかも浮き彫りになってくる。
確かに太地町がやり玉に挙げられているのではあるがそれはおそらく実態を隠そうという過激な動きが題材としての取り上げやすさにつながったのではなかろうか。
闘牛でも、カンガルーの駆除でも同じ映画がとれたかもしれぬ。
一部の産業動物の飼育施設などでも同じことができたであろう。
むしろ鶏のバタリー・ケージの実態を撮ればもっと過激な映像が出てきたかもしれない。
人間が自分が生きていく中でほかの生き物とどのようにつながるかは永遠の課題である。
しかし我々ホモサピエンスは常に進化している生物であると私は信じたい。
確かに今でもお互いに戦い無益な殺生を繰り返すこともあるが少しずつ文化的、倫理的進化を遂げていると思いたい。
その壮大な流れの中にこの映画は位置付けられるのではなかろうか。

山﨑 恵子

a:5033 t:7 y:9

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional