動物園を考える

文字サイズ:

Georgina Allen女史 来日講演

動物園を考える~日本のクマ牧場視察報告及び動物園動物の福祉~

このたび、Wild Welfareの専門査察官であるGeorgina Allen女史を迎え昨年実施された日本のクマ牧場の視察報告及び動物園の動物飼育の在り方を改めて検討する講演会を実施いたします。
同団体は世界の動物園業界と共に展示動物の適切な飼育を推進するために設立されたNGOであり、その支援団体の中にはサンフランシスコ、オレゴン、カルガリー、パース、ビクトリア、ノースカロライナの各動物園等々の展示施設も数多く入っています。動物園の専門家たちによって設立された世界初の展示動物福祉団体です。
現在、世界動物園水族館協会に所属しその倫理基準などに従う立場に置かれた野生動物展示施設は業界のわずか一割であると言われています。Wild Welfareは飼育体制が整っていない施設と動物園の専門家たちとの対話を促進させる役割を果たすことによって事態の改善を目指しています。同団体の視察などを実施する専門官は全て動物園業界に精通した経験者ばかりです。これらの専門家たちを活用しWild Welfareでは動物園の飼育係を対象として動物福祉及び適正飼養管理の講習会なども実施しています。今回はクマ牧場の現状の紹介に加え今後日本の動物園が考えていかなければならない展示施設の在り方をAllen 女史に語っていただきます。

  • 講師  Georgina Allen女史 / Wild Welfare専門査察官
    通訳  山﨑 恵子
  • 日時
    2016 年 8 月9日 (火)
    10:00~16:30(受付9:40~)
  • 受講料
    互会員 5,000円
    非会員 6,000円
    学生  3,000円 ※限定10名

 

a:1108 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional