アニマル・リテラシー総研代表理事山崎恵子よりお知らせです。

文字サイズ:

アニマル・リテラシー総研代表理事山崎恵子よりお知らせです。

この度、当法人より、教育における動物に関するオリジナルのガイドブック「動物介在教育(AAE)と生命尊重教育の基本~保護者、教職員、そしてすべての大人たちへ~」を販売開始し、リリースを配信いたしましたので、ご案内申し上げます。

教育に動物を導入することは、常に関係者の関心が高いトピックスです。しかし、ただ子どもに動物を与えるというだけでは、決して教育的な効果はのぞめません。
特定の教育目標を掲げ、教育現場において動物を介在させる活動のことを動物介在教育(Animal Assisted Education, AAE)と言います。AAEは、「教育に動物を介在させる」という点だけを示唆している言葉です。一方、一般的に動物愛護教育と呼ばれている生命尊重教育は、命を大切にすることを学習させる教育であり、子どもの情操教育としてしばしば実施されていますが、生命尊重教育において、動物を介在させなければならないという決まりはありません。つまり、AAEと生命尊重教育は決してイコールで結ぶことはできないのです。
このような用語の基礎から、実際に教育目標を設定して動物を導入しているプログラムにはどのようなものがあるのか、ガイドブックでは、海外の具体例も扱い丁寧に説明しています。
詳しくは下記のリンクより、プレスリリースをご覧ください:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000028670.html



a:114 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional